任意売却をするとき

電卓とパソコン

最近は不景気が続き、リストラや倒産などで住宅ローンが支払えなくなるケースも少なくありません。住宅ローンの返済が滞ってしまった時、まず最初はお金を借りている金融機関から催促の通知が届きます。一度くらいローン返済が遅れてもすぐに支払いができれば大きな問題にはならないのですが、数か月間、ローンの滞納が続くと、住宅ローンの残額を一括で返済するように請求されてしまいます。そして、それが出来ない場合は住宅が競売にかけられてしまうのです。競売にかけられるのを防ぐ方法として、任意売却があります。任意売却とは、競売と違って住宅を所有者の意志によって売却するものです。任意売却専門の業者に依頼すれば、住宅を競売よりも高い価格で売却できるだけでなく、金融機関との交渉も行ってもらえます。

住んでいた家が競売にかけられてしまった場合、非常に安い金額で売却され、多額の債務が残ることになります。それだけでなく、競売の情報が公開されて周囲にも事情を知られてしまうことになります。 競売にかけられる前に任意売却を行うことによって、競売よりも高く家を売却することができ、残りの債務をより少なくすることができますし、その返済方法についても債務者と相談して無理なく返済することができます。また、任意売却なら普通の不動産売却と同じように扱われるので、競売と違って周囲にローン滞納の事実を知られる心配もありません。 住宅ローンの滞納が続くと、住宅の所有者の意志とは関係なく競売の手続きがどんどん進められてしまいます。そうなる前に、早めに任意売却の専門家に相談するのがいいでしょう。